勉強が苦手

「中学受験は親の受験」といわれています。親の行動が大きい度合いを増していることです。
実際受けるのは生徒と呼ばれる子どもでなく、小学生の児童と呼ばれる子どもですから、まだまだ右も左もわからない子どもの自分の将来の道を選ぶというのは無理です。
親が子どもとよく納得・理解まで話し合うことです。
親がいかに子ども自身のことを考え、一緒に情報を集めるかは大切です。中学受験の詳細で親がしてあげられることがわかります。
中学受験のよい点はたいてい中高一貫校なので、高校受験がなく、6年間という長い視野で各学校が独自のカリキュラム(教科の時間配分や目標設定)をきめ細やかに設定し、個々の生徒にあったように組み合わせをしている場合が多く、6年間よく知っている教師や職員がサポートしている場合もあります。

親にしてみれば、見知っている教師が多いことは、多くのアドバイスがもらえいろんな考えを示してもらえることによって、生徒の方向づけの選択が増えることになります。
次は中学受験での学校をどう選ぶかです。
まず子ども客観的数字色んな模擬試験を受けて見て、偏差値を確認して合格圏内かを見ることです。
偏差値にこだわらなければ、どういう学校を選ぶことでも結構です。
特に最近の学校は細かくコース設定をしています。

例えば医学コースや国公立コースなどがあり、その学校にあわせた偏差値になるように実力をつけさせることです。
ある程度の学校を決めると、学校説明会、体験授業やその学校の模擬テストがあれば受けてみましょう。
学校から適切なアドバイスをもらえます。
学校校内見学や相談会で細かいところまで聞くことです。
重要なことは自家自動車で行くことはしないでください。

必ず自宅から学校まで実際に通学の経路で行ってください。
子どもが6年間通うということを考えれば、車で行ってしまうと乗り換える時間や通勤や通学の流れが見え安心して通えるか見ることは非常に大事です。本当に細かいところまでチェックをすることです。
中学受験は塾や家庭教師に通っている場合が多いです。
お子さんの学習方法で後悔をしたくないのでしたら、http://www.blues-in-chedigny.com/このサイトで良い情報が掲載されていたので参考にしてみてください。

親は塾や家庭教師に任せるのではなく、親はボール投げなどして子どもの心をほぐすことです。
勉強が苦手だからといって中学受験をやめる必要はありません。
話し合って中学受験を考えるようだったら、それこそが勉強が苦手であることを克服するチャンスになります。